気になったまとめ

ゲームの雑談記事を中心に、芸能や映画など、気になった話題をまとめています。

FF7R2

FF7リバースの表記不備のあったディスク交換対応がついに開始!

240712_070723


240712_070751


1: 名無しさん@名無しさん 2024/07/11(木) 16:53:16.10 ID:2CtoFYyo0
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、『FINAL FANTASY VII REBIRTH(ファイナルファンタジーVII リバース)』の発売当時、ディスク表面に印刷されたレーベルとディスク内容に誤りが発生していた件について、希望者に対し交換対応を実施することを発表しました。

なお、交換対応の申し込み受付は2024年8月16日(金)まで。送付の受付期間は2024年7月12日(金)から9月30日(月)までとなっています。詳しくは専用のサポートページをご確認ください。
https://news.yahoo.co.jp/articles/8a3373bc2d442b5dce827ed9bbe707f9606c4e7f

続きを読む

明るい笑顔に癒される…!『FF7 リバース』より「エアリス」が立体化!価格20680円

240705_172105



1: 名無しさん@名無しさん 2024/07/05(金) 16:00:25.55 ID:GwiobmYG0
https://s.inside-games.jp/article/2024/07/05/157117.html

◆「エアリス」が、頭部造形を新たに立体化!フェイスパーツは2種

『ファイナルファンタジーVII リバース』より、「エアリス・ゲインズブール」が頭部造形を新たに、アクションフィギュアシリーズPLAY ARTS改で立体化。新造形となるフェイスパーツは、通常顔と、口を開けて笑う表情の2種です。

「ファイナルファンタジーVII リバース PLAY ARTS改 エアリス・ゲインズブール」の価格は20,680円(税込)で、現在予約受付中。2025年3月29日発売予定です。

続きを読む

FF7 R2のディスク修正版ってもう出てる?

240613_195347



1: 名無しさん@名無しさん 2024/06/13(木) 15:55:12.69 ID:buaIqVQx0
発売から3ヶ月 修正版の二次出荷は出回ってる?

どうせならそっちが欲しいんで

240613_195337

続きを読む

『FF7 リバース』コラボゲーミングチェアがDXRacerから登場。

231119_073938

1: 名無しさん@名無しさん 2024/06/07(金) 14:06:53.63 ID:l9vey8Am0
 ゲーミングチェアブランド“DXRacer”の日本公式運営会社である東起は、『ファイナルファンタジーVII リバース』とコラボした限定モデルを発売した。

 限定モデルの『FINAL FANTASY VII REBIRTH Edition』は、黒と白を基調としたシンプルなデザインで、正面に施されたクラウドたちのジョブアイコンや、背面にプリントされた“バスターソード”が特徴的。現在、DXRacerの日本向け公式サイトから購入可能となっている。

続きを読む

FF最新作 前作比60%減の衝撃売上

231119_073938

1: 名無しさん@名無しさん 2024/05/01(水) 16:45:25.58 ID:EUCRQywq0
「ファイナルファンタジーVII」前作比60%減の衝撃的売上になった訳

「国民的RPG」も過去の話…? 『ファイナルファンタジー』最新作がシリーズ前作比“60%減”の衝撃的売上になってしまった“納得の理由”

2024年2月29日、PlayStation 5(以下PS5)で『ファイナルファンタジーVII リバース』(以下「リバース」)が発売された。本作は、
PlayStationで1997年に発売された『ファイナルファンタジーVII』のリメイク作品となる。

240501_180943

このリメイクは3部作として制作されており、「リバース」はその2作目にあたる。原作は非常に人気の高い作品なので注目度は高かった。
しかし……。

ファミ通の国内パッケージ版集計によると、シリーズ前作となる『ファイナルファンタジーVII リメイク』は初週で約70万本が売れているが、
「リバース」は約26万本に留まっており、60%以上売上が減少しているのだ。

「リバース」は世界的に評価も高く、さまざまなレビューを集積するサイト「Metacritic」では93点のメタスコア(平均点/3月17日時点)を
記録している。にもかかわらず売上は芳しくない。なぜなのだろうか?

●理由としてまず考えられるのが、ゲームをプレイできるハードとして、PlayStation 4(以下PS4)を切り捨て、PS5のみの対応にしたことだろう。
『ファイナルファンタジーVII リメイク』がリリースされたとき、PS4はすでに世界販売台数1億台を越えていた。一方、
PS5は2023年12月時点で約5000万台の売上となっている。当然ながら、日本でもPS5を持っている人よりPS4を持っている人が多いだろう。

ゲーム機を持っていない人が多いのであれば、ソフトを買う人が減るのは至極当然だ。

続きを読む


SPONSORED LINK


スポンサードリンク

プロフィール

kini7run

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク