気になったまとめ

ゲーム記事を中心に、芸能や映画など、気になった話題をまとめています。

朝ドラ

【朝ドラ】「スカーレット」第3週平均視聴率は19・7%

戸田恵梨香朝ドラ

1: 気になった名無しさん 2019/10/21(月) 19:26:06.48 ID:NQJubaEw9
 女優の戸田恵梨香(31)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜前8・00)の第3週の平均視聴率が19・7%(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)だったことが21日、分かった。

 各日の番組平均は14日=18・0%、15日=20・4%、16日=20・3%、17日=19・7%、18日=20・3%、19日=19・2%だった。

 第1週の平均は19・8%。2週目を20・2%と初の大台に到達したが、第3週で再び大台を割った。

 朝ドラ通算101作目。フジテレビ「夏子の酒」「妹よ」、日本テレビ「ホタルノヒカリ」などで知られる脚本家の水橋文美江氏(55)が朝ドラに初挑戦するオリジナル作品。“焼き物の里”滋賀・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとして歩み始める1937年(昭12)大阪生まれのヒロイン・川原喜美子(戸田)の波乱万丈の生涯を描く。来年3月28日まで全150回。

 第3週は「ビバ!大阪新生活」。中学を卒業後、大阪で働くことになった喜美子(戸田)は、下着デザイナーの荒木さだ(羽野晶紀)が営む荒木荘という下宿屋で女中として働くことに。喜美子はそこで、新聞記者の庵堂ちや子(水野美紀)らと出会う。ある日、ちや子が働く新聞社に立ち寄った際、荒れた社内を見かねて手際よく片づけると、その仕事ぶりを見たちや子の上司(辻本茂雄)から、給料5倍で引き抜きの打診が…という展開だった。


2019年10月21日 10:00芸能
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/10/21/kiji/20191020s00041000288000c.html

続きを読む

【朝ドラ】「スカーレット」第2週平均視聴率20・2%で初の大台到達

1: 気になった名無しさん 2019/10/15(火) 18:00:57.29 ID:9hKkHviq9
 女優の戸田恵梨香(31)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜前8・00)の第2週の平均視聴率が20・2%(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)だったことが15日、分かった。第1週の平均は19・8%となっており、2週目で初の大台に到達した。また、12日に番組最高となる22・4%を記録した。

 各日の番組平均は7日=19・7%、8日=18・3%、9日=20・8%、10日=19・9%、11日=20・3%、12日=22・4%だった。

 朝ドラ通算101作目。タイトルの「スカーレット」とは「緋色」のこと。フジテレビ「夏子の酒」「妹よ」「みにくいアヒルの子」、日本テレビ「ホタルノヒカリ」などで知られる脚本家の水橋文美江氏(55)が朝ドラに初挑戦するオリジナル作品。“焼き物の里”滋賀・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとして歩み始める1937年(昭12)大阪生まれのヒロイン・川原喜美子(戸田)の波乱万丈の生涯を描く。来年3月28日まで全150回。

 第2週は「意地と誇りの旅立ち」。家族と一緒に信楽に引っ越してきた喜美子(川島夕空)。半年が過ぎ、不在の父・常治(北村一輝)を訪ねて、大阪から二人組の借金取りがやってくる。母・マツ(富田靖子)とともに立ち向かう喜美子。借金取りを怒らせてしまうが、間一髪で草間宗一郎(佐藤隆太)の柔道によって助けられる。それをきっかけに喜美子たち信楽の子供たちは、柔道を習うことに。貧しいながらも明るくたくましい、喜美子の毎日が過ぎていく。5年後、喜美子(戸田)は15歳。中学卒業を控えていた。相変わらず絵が得意で、成績は良いものの、高校に進むことは常治が許さない。喜美子には苦しい家計を支えることが求められていた。照子(大島優子)の家である、丸熊陶業に就職するはずだったが、直前に断られてしまう。今後を思い、落ち込む喜美子。すかさず常治が喜美子のために見つけてきた新たな仕事先は、故郷の大阪だった。喜美子は驚くが、きっぱりと受け入れる。卒業式の後、喜美子は照子と信作(林遣都)と、最後の楽しい時間を過ごす。信楽を去りたくない思いがこみあげるが、大阪行きは避けられない。旅立ちの前日、夕日の美しい山の上で喜美子は、信楽焼のカケラを見つける…という展開だった。

2019年10月15日 10:26芸能
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/10/15/kiji/20191013s00041000106000c.html
no title


関連スレ
【視聴率】戸田恵梨香「スカーレット」最高を更新22・4%
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1571103097/

続きを読む

【朝ドラ】来年朝ドラ「エール」に薬師丸ひろ子が出演「とてもワクワクしています」

1: 気になった名無しさん 2019/10/09(水) 15:56:00.59 ID:qiYTLXUy9
俳優、窪田正孝(31)が主演を務め、来年春にスタートするNHK連続テレビ小説「エール」(月~金曜前8・0)の新キャストが9日、発表され、薬師丸ひろ子(55)らが決まった。

薬師丸は作曲家の主人公、古山裕一(窪田)の妻、音(二階堂ふみ)の母役。「思い切り笑える日もあれば、あふれる思いに涙が止まらない朝もある…台本から人物たちが飛び出してくるような物語にとてもワクワクしています。
独創性があり、芯が強い娘たちを育てた母がどんな女性だったのか…明るくにぎやかな家族の毎日を、チームワークを大事に演じていきたいと思います」とコメントした。

薬師丸は現在、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」で、占いもする少しとぼけた銀座のバーのママを好演中。「エール」ではまた違った味を発揮しそうだ。
夫役には光石研(58)。
音の姉には松井玲奈(28)、妹には森七菜(18)が決まった。他に、古川雄大(32)、平田満(65)も出演することが発表された。

同作は「栄冠は君に輝く」「六甲おろし」などの名曲を作曲した古関裕而さんと妻の金子さんをモデルにした夫婦の物語。

https://news.livedoor.com/article/detail/17206002/
2019年10月9日 14時24分 サンケイスポーツ

no title


https://www.youtube.com/watch?v=spdyRCGWGPA


薬師丸ひろ子 Woman"Wの悲劇"より

https://www.youtube.com/watch?v=75qLEXMeCXc


薬師丸ひろ子「メイン・テーマ」 3rdシングル, 1984年5月 [HD 1080p]

続きを読む

【朝ドラ】戸田恵梨香、15歳の喜美子が登場!「スカーレット」中学卒業間近に

1: 気になった名無しさん 2019/10/11(金) 18:48:28.47 ID:+B/s/Gzn9
 NHKの連続テレビ小説「スカーレット」(月~土、午前8時~ほか)第2週の後半から、ストーリーはヒロインの子供時代から中学卒業間近の頃へと移り、いよいよ戸田恵梨香演じる喜美子の活躍が始まった。

 女性陶芸家の波乱万丈の人生を描く本作は、戦後まもなく大阪から滋賀・信楽にやってきた川原喜美子(戸田)が、やがて地元の信楽焼にひかれ、男性ばかりの陶芸の世界に飛び込んでいく姿を追う物語。

 子供時代を描いていたストーリーは第10回のラストから、15歳の喜美子が登場する5年後へ。第11回には本格的に戸田が登場し、中学卒業を控える喜美子が就職の内定を取り消されピンチに陥ってしまうという展開が繰り広げられた。

 同級生の照子(大島優子)の家である丸熊陶業への就職が叶わなかった喜美子は、父・常治(北村一輝)が見つけてきた故郷・大阪での仕事先で働くことを受け入れることになる。

 本作の脚本を手がけるのは、ドラマ「夏子の酒」「ホタルノヒカリ」などの水橋文美江。ほか、富田靖子、桜庭ななみ、福田麻由子、林遣都、佐藤隆太らが出演する。(山田貴子)



2019年10月11日 12時15分
https://www.cinematoday.jp/news/N0111695
no title

続きを読む

朝ドラ・スカーレットさん、無名の民放Pに「んー、やはり地味かな」とか言われてしまう

1: 気になった名無しさん 2019/10/07(月) 06:45:29.14 ID:c46TcOe89
 NHKの朝ドラ第101作「スカーレット」がスタートした。9月30日の初回視聴率は、20・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)と辛うじて20%の大台をキープ。ところが、第2話は19・2%と早くも大台を割れ。主演の戸田恵梨香(31)は、初回冒頭にちょこっと出て以来、まだ出演はない。大丈夫か? 

 ***

 民放プロデューサーが語る。

「初回視聴率としては、2017年下期『わろてんか』(初回20・8%)以来、5作連続の20%超えとなりました。ただ、3作続けて終戦直後の昭和が舞台なので、ちょっと飽きてきましたね。また、前作『なつぞら』(初回22・8%)が第100作ということで、びっくり箱のように次から次へと歴代ヒロインやら吉沢亮(25)、草刈正雄(67)といった話題の人を登場させたのと比べると、『スカーレット』はどうしても見劣りしてしまう。ヒロイン一家の父が北村一輝(50)、母が富田靖子(50)、他に財前直見(53)……演技力はある人たちですが、明らかに地味です。第2話でオッと思わせたのが、村上ショージ(64)でしたからね。ギャグもやらずに淡々と演じていて、悪くはなかったのですが……んー、やはり地味かな」

 滋賀県の信楽(甲賀市)を舞台に、男ばかりの陶芸の世界に踏み込んでいくヒロイン・川原喜美子(戸田)を描く今作、テーマからして地味かもしれない。

「ただ、アニメーターになるという前作が今風を狙って、かえって無理を感じたのより、視聴者の年齢層が高い朝ドラには陶芸のほうがいいかもしれません。机に向かっているだけのアニメーターよりも、土を練り、造形して、焼くという作業のほうが動きもあります。初回の冒頭で出てきた戸田が、火事になるほど窯に薪をくべていたのも、先行き楽しみです。彼女はそれほど期待されない割りに、結果を出すポテンシャルを持っていますからね」

 問題は戸田が出て来るまで、どれだけ視聴者をつなぎ止めておけるかだ。

「第3話に佐藤隆太(39)という華のある人が出てきて、視聴率も20・6%に戻しました。『なつぞら』は色々な人を登場させすぎでしたが、やはり視聴者をおびき寄せる撒き餌は必用です。前々作『まんぷく』にも橋本マナミ(35)が初期の頃に出ていましたからね。そのあたりは、『夏子の酒』(94年、フジテレビ、主演:和久井映見[48])、『ホタルのヒカリ』(07年、日本テレビ、主演:綾瀬はるか[34])など、女性の主人公を描くことに関しては定評のある脚本の水橋文美江(55)次第でしょう。それに、イケメンは必須でしょうね」

>>2以降に続きます

10/7(月) 6:00配信 デイリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191007-00586348-shincho-ent
no title

続きを読む


SPONSORED LINK


スポンサードリンク

プロフィール

kini7run

記事検索
スポンサードリンク
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク