気になったまとめ

ゲーム記事を中心に、芸能や映画など、気になった話題をまとめています。

映画興行成績

『ターミネーター』新作1位!『すみっコぐらし』3位に初登場 / 映画週末興行成績

すみっコぐらし

1: 気になった名無しさん 2019/11/12(火) 20:05:43.04 ID:MNfBDqG19
 土日2日間(11月9日~11月10日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、新作映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』が初登場1位となった。

 同作は世界中で知られるSFアクションの金字塔『ターミネーター2』(1991)の“正統な続編”として日本では8日に公開された。それぞれT-800役とサラ・コナー役でカムバックを果たしたアーノルド・シュワルツェネッガーとリンダ・ハミルトンが公開前に来日したことも大きな話題となった。未来のためにターミネーターに立ち向かう人たちの運命が映し出され、土日2日間(11月9日~11月10日)では観客動員32万8,321人、興行収入4億6,876万円、初日8日をあわせた3日間では動員44万9,565人、興収6億3,728万円となった。

 『ターミネーター:ニュー・フェイト』に次ぐ2位は先週1位のホラー映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』となったが、3位に輝いたのはアニメーション作品の『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』。たれぱんだ、アフロ犬、リラックマなどのキャラクターで知られるサンエックスによる劇場版アニメで、すみっこを愛する“すみっコ”たちが大冒険を繰り広げる。114館という公開規模ながら初日8日から10日までの3日間で動員11万4,280人、興収1億3,287万3,500円を記録した。ナレーションを井ノ原快彦、本上まなみが務めている。

 ほか新作では長月達平のライトノベルをアニメーション化したシリーズの新作『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』が6位に、白石和彌監督がメガホンを取り佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優が3兄妹を演じた『ひとよ』が7位にランクインした。公開6週目を迎えた『ジョーカー』は先週の2位から4位になり、先週3位だった公開2週目の『マチネの終わりに』は5位となった。

 今週は『殺さない彼と死なない彼女』『エンド・オブ・ステイツ』『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』『影踏み』『地獄少女』『下忍 青い影』などが公開される。(ランキング・数字などは興行通信社、配給調べ)(編集部・海江田宗)

【2019年11月9日~11月10日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】>>0�)内は先週の順位

1(初)『ターミネーター:ニュー・フェイト』:1週目
2(1)『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』:2週目
3(初)『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』:1週目
4(2)『ジョーカー』:6週目
5(3)『マチネの終わりに』:2週目
6(初)『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』:1週目
7(初)『ひとよ』:1週目
8(5)『世界から希望が消えたなら。』:4週目
9(4)『マレフィセント2』:4週目
10(6)『冴えない彼女の育てかた Fine』:3週目



2019年11月12日 14時06分
https://www.cinematoday.jp/news/N0112255
no title

続きを読む

『IT/イット』続編が1位!『マチネの終わりに』が3位に初登場 / 映画週末興行成績

demonstration-767983_960_720_R

1: 気になった名無しさん 2019/11/05(火) 19:36:15.29 ID:R5GGCeW19
 土日2日間(11月2日~11月3日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、ホラー映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』が初登場1位を獲得した。

 同作はスティーヴン・キングの小説を実写化した『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の続編にしてシリーズ完結編。スマッシュヒットを記録した前作から27年後の世界が舞台となり、子どもの命を狙うペニーワイズ(ビル・スカルスガルド)との新たな戦いが描かれている。ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャステインらが出演している。R15指定の作品ながら見事1位に輝いた。

 福山雅治と石田ゆり子の共演で芥川賞作家・平野啓一郎のベストセラー小説を映画化した大人の恋愛映画『マチネの終わりに』は3位スタート。天才クラシックギタリスト・蒔野聡史(福山)と婚約者がいる国際的ジャーナリスト・小峰洋子(石田)による美しき愛の軌跡を映し出している。ドラマ・映画『昼顔』を手がけた西谷弘監督と脚本家・井上由美子が再びタッグを組んでいる。

 4週連続でトップをキープしていた公開5週目を迎えた第76回ベネチア国際映画祭の最高賞・金獅子賞受賞作品『ジョーカー』は2位に後退。先週2位だったアンジェリーナ・ジョリー主演の『マレフィセント2』は4位、先週3位だった大川隆法の製作総指揮・原案の『世界から希望が消えたなら。』は5位という結果になった。

 ほか新作では落語家の笑福亭鶴瓶が主演し、作家・帚木蓬生の山本周五郎賞受賞作を映画化した『閉鎖病棟-それぞれの朝-』が8位。綾野剛、小松菜奈らが共演し、さまざまな過去を持つ患者たちが入院している精神科病院で殺人事件が発生し、事件をきっかけに思いを交差させる患者たちの姿が活写されている。

 Sexy Zone の佐藤勝利が主演した新作『ブラック校則』は初登場10位。『いちごの唄』などの菅原伸太郎が監督、漫画「セトウツミ」の作者・此元和津也が脚本を担い、厳しすぎる規則“ブラック校則”がはびこる高校を舞台に、主人公の小野田創楽(佐藤)と、創楽の友人・月岡中弥(高橋海人)がブラック校則に立ち向かっていく。

 今週は『ターミネーター:ニュー・フェイト』『ひとよ』『生理ちゃん』『夕陽のあと』『永遠の門 ゴッホの見た未来』『その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-』などが公開される。(ランキング・数字などは興行通信社調べ)(編集部・海江田宗)

【2019年11月2日~11月3日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】>>0�)内は先週の順位

1(初)『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』:1週目
2(1)『ジョーカー』:5週目
3(初)『マチネの終わりに』:1週目
4(2)『マレフィセント2』:3週目
5(3)『世界から希望が消えたなら。』:3週目
6(5)『冴えない彼女の育てかた Fine』2週目
7(6)『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』:3週目
8(初)『閉鎖病棟-それぞれの朝-』:1週目
9(4)『ジェミニマン』:2週目
10(初)『ブラック校則』:1週目


2019年11月5日 14時33分
https://www.cinematoday.jp/news/N0112137
no title

続きを読む

【映画】『ジョーカー』公開19日間で興収30億円突破!

1: 気になった名無しさん 2019/10/24(木) 18:41:52.95 ID:n8agxch79
 バットマンの宿敵を主役に据えた話題作『ジョーカー』の累計興行収入が、公開から19日間で30億円を突破したことを、配給のワーナー・ブラザース映画が発表した。

 大都会の片隅に生きる孤独な男が、悪のカリスマ・ジョーカーへと変貌するさまを描き、本国アメリカでもスマッシュヒットとなっている本作。日本でも大きな話題を呼び、映画全国映画動員ランキングでは、公開から3週連続で1位を獲得。累計成績は、公開から19日間(10月4日~10月22日)で動員207万8,744人、興収30億5,826万6,450円を達成した。

 日本においてアメコミをベースにした作品が3週連続1位となったのは、2007年の『スパイダーマン3』以来、12年ぶりとのこと。また数字に目を向けると、同じくワーナーが配給し、公開37日目で興収30億円を突破した『インセプション』(最終興収34億8,000万円)より18日間早く、公開23日間で突破した『チャーリーとチョコレート工場』(最終興収53億)よりも4日間早いペース。幅広い層の観客に受け入れられたことが見てとれ、最終的な興収について同社は『チャーリーとチョコレート工場』の50億円が「射程圏内」としている。

 本作は、第76回ベネチア国際映画祭で最高賞にあたる金獅子賞を獲得。本年度のアカデミー賞においても、ジョーカーを演じたホアキン・フェニックスの主演男優賞を含む多数部門でのノミネートが確実視されており、年明けまで映画界を騒がせることになりそうだ。(編集部・入倉功一)


2019年10月23日 19時35分
https://www.cinematoday.jp/news/N0111897
no title

続きを読む

『ジョーカー』3週連続1位!2位は『マレフィセント2』/映画週末興行成績

1: 気になった名無しさん 2019/10/21(月) 19:53:43.44 ID:NQJubaEw9
 土日2日間(10月19日~10月20日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、DCコミックスに登場する悪のカリスマの姿を描いたホアキン・フェニックス主演の話題作『ジョーカー』が3週連続の1位を獲得した。

 世界的スターのアンジェリーナ・ジョリーが主演を務めたディズニーの新作『マレフィセント2』が2位に初登場した。『眠れる森の美女』のオーロラ姫に呪いをかけたマレフィセントが主人公のダークファンタジーで、2014年に公開された『マレフィセント』から数年後の世界が舞台になっている。

 どちらも新作の、アニメ「スター☆トゥインクルプリキュア」の劇場版であるアニメ作品『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』が3位に、幸福の科学の大川隆法が製作総指揮と原案を務めた『世界から希望が消えたなら。』が4位にランクインした。

 ほか新作では綾野剛、杉咲花、佐藤浩市らが共演した『楽園』が10位に入った。先週2位だった公開2週目の『最高の人生の見つけ方』は5位に、先週3位だった公開6週目の『記憶にございません!』は6位となった。

 今週は『キミだけにモテたいんだ。』『ロボット2.0』『超・少年探偵団NEO -Beginning-』『ジェミニマン』『108~海馬五郎の復讐と冒険~』『ロイヤルコーギー レックスの大冒険』などが公開される。(ランキング・数字などは興行通信社調べ)(編集部・海江田宗)

【2019年10月19日~10月20日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】>>0�)内は先週の順位

1(1)『ジョーカー』:3週目
2(初)『マレフィセント2』:1週目
3(初)『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』:1週目
4(初)『世界から希望が消えたなら。』:1週目
5(2)『最高の人生の見つけ方』:2週目
6(3)『記憶にございません!』6週目
7(4)『空の青さを知る人よ』:2週目
8(7)『イエスタデイ』:2週目
9(5)『HiGH&LOW THE WORST』:3週目
10(初)『楽園』:1週目


2019年10月21日 13時42分
https://www.cinematoday.jp/news/N0111849
no title

続きを読む

【映画】『ジョーカー』2週連続1位!2位は吉永小百合×天海祐希『最高の人生の見つけ方』/映画週末興行成績

1: 気になった名無しさん 2019/10/15(火) 21:16:15.54 ID:9hKkHviq9
 土日2日間(10月12日~10月13日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、公開2週目を迎えたベネチア国際映画祭の金獅子賞受賞作『ジョーカー』が2週連続の1位を獲得した。

 2位に初登場となったのは吉永小百合と天海祐希が共演した映画『最高の人生の見つけ方』。『ジョゼと虎と魚たち』などの犬童一心監督がメガホンを取り、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが共演した2007年の同名映画が原案。

 4位初登場は『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』シリーズで知られるクリエイターチーム、超平和バスターズが再び結集したアニメ作品の『空の青さを知る人よ』。吉沢亮、吉岡里帆らが声優として参加している。

 ほか新作では「自分以外は誰もザ・ビートルズを知らない世界になってしまったら?」という“もしも”を描いた『イエスタデイ』。『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督の新作で、7位にランクインした。

 先週2位だった公開5週目の『記憶にございません!』は3位に、先週3位だった公開2週目の『HiGH&LOW THE WORST』は5位となった。公開13週目の『天気の子』は8位で、トップテン圏内をキープしている。

 今週は『マレフィセント2』『フッド:ザ・ビギニング』『楽園』『スペシャルアクターズ』『ガリーボーイ』『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』などが公開される。(ランキング・数字などは興行通信社調べ)(編集部・海江田宗)

【2019年10月12日~10月13日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】>>0�)内は先週の順位

1(1)『ジョーカー』:2週目
2(初)『最高の人生の見つけ方』:1週目
3(2)『記憶にございません!』:5週目
4(初)『空の青さを知る人よ』:1週目
5(3)『HiGH&LOW THE WORST』:2週目
6(4)『蜜蜂と遠雷』2週目
7(初)『イエスタデイ』:1週目
8(7)『天気の子』:13週目
9(6)『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』:6週目
10(5)『ジョン・ウィック:パラベラム』:2週目



2019年10月15日 14時33分
https://www.cinematoday.jp/news/N0111741
no title

続きを読む


SPONSORED LINK


スポンサードリンク

プロフィール

kini7run

記事検索
スポンサードリンク
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク