気になったまとめ

ゲームの雑談記事を中心に、芸能や映画など、気になった話題をまとめています。

サッカー

レアル久保建英、1部バジャドリードにレンタルか?

football-3471402_960_720_R

1: 気になった名無しさん 2019/08/08(木) 06:12:49.31 ID:DudAZDTy9
久保は7日にカスティージャで初先発、同日にスペインメディアが久保の移籍話に言及

今夏、FC東京からレアル・マドリードに加入した日本代表MF久保建英は、現地時間7日にカスティージャ(レアルBチーム)の一員として、プレシーズンマッチ2部アルコルコン戦に出場した一方、同日に現地スペインでは「久保、バジャドリードへ期限付き移籍」が一斉に報じられている。

 レアルのフベニールA(19歳以下)で選手登録された久保は、3部で戦うカスティージャが主戦場になると思われていた。プレシーズンマッチではトップチームに帯同し、北米ツアーとアウディカップに参戦。5試合中4試合で途中出場した18歳の日本人アタッカーは、要所でテクニックを見せるなどジネディーヌ・ジダン監督にアピールしていた。

 7日にトップチームがオーストラリアへ遠征し、日本代表MF南野拓実やFW奥川雅也が所属するザルツブルクと対戦したなか、久保はカスティージャに合流。アルコルコン戦で先発していた。

 そんななか、現地では久保の去就について一斉報道。スペインテレビ局「ラ・セクスタ」は「久保がバジャドリードへ期限付き移籍」と伝え、同国紙「ムンドデポルティボ」は「バジャドリードの関心は日が経つにつれて高まり、間もなく実現する可能性がある」と秒読み段階としている。

 またスペインメディア「Okdiario」は、昨季1部で16位と苦戦しながらも残留したバリャドリードへの期限付き移籍について「久保は1部でプレーし続ける。日本の有望な18歳はバジャドリードへレンタルされる。(元ブラジル代表FW)ロナウドがオーナーを務めるクラブで質の高いプレーを見せる機会を得るだろう」と言及。そのうえで「カスティージャでの水曜日(7日)の試合後、セルジオ・ゴンザレス監督率いるバジャドリードへ加わる」と続けた。

 現地では久保のバジャドリード期限付き移籍が濃厚と見られているが、近いうちに正式発表となるのか。その動向に注目が集まる。

8/8(木) 5:59配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190808-00209241-soccermzw-socc

続きを読む

【久保建英】トップチームで起きている“オーバーブッキング”問題でやはりBチームへ...

football-3471402_960_720_R

1: 気になった名無しさん 2019/08/03(土) 14:03:29.93 ID:xcWuSl4O9
レアル・マドリーにとってプレシーズンマッチでの成績不振意外にも頭が痛い問題が存在する。それは現在トップチームで起きている“オーバーブッキング”問題である

トップチームへの帯同を継続している久保建英やロドリゴ・ゴエス、休暇から合流して間もないカゼミロやを含めると、現在マドリーのトップには29名もの選手が所属している。

最も複雑なのは、夏の移籍市場終了まであと1ヶ月を切った現在、ジダンから戦力外視されているウェールズ代表のガレス・ベイルやコロンビア代表ハメス・ロドリゲスの移籍先が決まっていないことだ。

8月1日(木)にベイルやハメスを含むマドリーの選手らはバルデべバス練習場でトレーニングを行った。
7月31日には中国スーパーリーグの移籍シーズンが終了し、8月8日にはプレミアリーグの移籍シーズンが閉幕する(売却はできるが選手獲得ができなくなる)。

■ルニン、シウバ、マリアーノの行先もわからず

その他にも若きウクライナ代表GKアンドリー・ルニンやルーカス・シウヴァ、マリアーノ・ディアスといった選手たちも、マドリーを去ることは明らかだが、まだ適当な移籍先が決まっていない。

トップチームに在籍できる選手の数は25名であるが、現在マドリーには29名の選手らが所属している。

今夏の移籍シーズンにマドリーはエデン・アザールやルカ・ヨヴィッチ、エデル・ミリトン、フェルランド・メンディといった選手らを獲得し、3億ユーロ(約355億ユーロ)もの資金を費やしている。

一方でこれまでの収益は、マテオ・コヴァチッチやマルコス・ジョレンテ、テオ・エルナンデス、ラウル・デ・トマスの売却による1億1,150万ユーロ(136億円)にも満たない。
このようにマドリーにとって多すぎる選手たちが悩みの種である。

現在マドリーには5名のヨーロッパ圏外の選手たちが所属しているが、スペインサッカー連盟の規則では上限3名しか所属できない。

この為、未来のビッグスターと評価されている久保建英や4,500万ユーロ(約53億円)もの移籍金を投じたロドリゴは、ラウル・ゴンサレス率いる下部組織のカスティージャに所属する可能性が高くなっている。

8/3(土) 10:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190803-00010005-sportes-socc

続きを読む

【森保監督インタビュー】久保建英は間違いなくA代表でも戦える

football-3471402_960_720_R

1: 気になった名無しさん 2019/08/01(木) 12:58:41.26 ID:MjY1WmpK9
来夏の東京五輪開幕まで、いよいよ1年を切った。サッカー男子で、史上初の金メダル獲得を目指す森保一監督(50)が本紙のインタビューに応じ、強化プランを明かした。A代表を含めた兼任監督としてのメリットを最大限に生かし、9月から始まるA代表でのカタールW杯アジア2次予選などで、東京五輪世代の選手を積極的に起用して2つの代表チームを強化。五輪世代の若手にも国際経験を積ませて、悲願達成につなげる。<以下、森保監督インタビュー(1)>

  ◇  ◇

 -五輪本大会まで、およそ1年。感覚としては“まだ1年”か、“もう1年”なのか。

 「“もう1年”ですね。チーム作りにおいて活動の回数や日数が多ければ多いほど良いと思うが、招集できる回数は限られている。そういった意味ではもう、あと1年しかないという思いですね。(五輪代表監督としては)2017年の12月からでしたけど、あっという間にここまで来ています。少しでも一回の活動を実りある、濃いものにしていかなければいけないなと」

 -多くの五輪世代の選手をA代表に選出して臨んだ南米選手権は、若手の堂々としたプレーも印象的だった。

 「まだまだ経験の浅い彼らが、A代表の常連組の力を持っているかというとまだ足りないところはあると思います。ただ伸び幅、成長を感じさせてもらいましたし、さらに伸びしろもある。世界のトップの選手たちと『自分たちもできるんだぞ』と、メンタル的に同じ目線で戦っているところは見ていてすごくうれしかった」

 -特に、レアル・マドリードへ移籍した久保建英は存在感があった。今後、若い才能をどう育てていくか。

 「久保に関しては、間違いなくA代表でも戦えるという力を見せてくれていた。表現がどう言って良いかわからないが、今後の日本サッカーを支えていくというか背負っていくというか。本人のプレッシャーにならないようにっていうのはあります。ただ、世界トップレベルのレアル・マドリードで試合にどう出られるかというのも(今後の成長に関わる)。まだ身体的にも技術的にも伸びていかないといけない選手だと思うので。本当に試合に出て、また招集させてもらいたい」

 -9月からはA代表のW杯予選も始まる。南米選手権で得た手応えから、五輪世代を積極的に起用するプランもあるのでは。

 「ずっと頭の中にあります。何が一番良いのかなと考えながらやっていきたい。その時、その時でベストな選択をしたい。東京五輪はもちろん大切で、日本サッカーの将来がかかっていると言っても過言ではない。(五輪代表に)A代表で常連組として活躍する選手が出てこそ、金メダルが獲得できる。そこは選手にも強く言っています。チーム作り、選手の強化をして東京五輪で結果を出すというのを考えている。W杯の予選のところでも、チャンスがあれば起用していきたいという思いはある」

 -若手には成長の機会で、A代表としてはチームの層を厚くすることにもつながる。

 「若い選手だけが日本サッカーを引っ張っているわけでも、(五輪後に)引っ張って行くわけでもない。すべての選手を見つつ、その時で一番良い、現状のベストの戦いをしていきたい。周囲の方から見れば、(2次予選は)若い選手が行っても勝てると(思う人もいる)。でも開始前から勝っている試合はない。きっちりと勝ち進むことが大切で、その中でこの選手は使えると思えば、若い選手を入れていきたい」

8/1(木) 10:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000044-dal-socc

続きを読む

J1鹿島、経営権譲渡 「身売り」地元に衝撃

1: 気になった名無しさん 2019/07/31(水) 07:32:46.28 ID:188/QRhp9
サッカーJ1鹿島アントラーズFCの経営権が日本製鉄からメルカリに移ることが30日、発表された。
鹿島は住友金属蹴球団が前身。「住金(現日本製鉄)」と地元に親しまれてきた企業の後押しを受けてきた歴史があるだけに、
突然の「身売り話」に、サポーターやチームOB、ホームタウンを構成する鹿行地域の市長らから、驚きと不安、期待の声が交錯した。

同日午後、鹿嶋市宮中のショッピングセンター「チェリオ」のジーコ広場。
メルカリの経営参入を伝えるテレビ画面を地元住民らは複雑な表情で見つめた。
神栖市の山中源一さん(68)は「地元企業が支えてきたクラブで歴史もある。変わることで、地元が盛り下がらないか不安だ」と残念がった。
鹿嶋市の主婦(66)は「アントラーズは地域にとって大切で特別な存在。(メルカリを)よく知らないので不安もあるが、より良くなってほしい」と期待した。

チーム創設時から選手、スタッフとして活躍した前監督の石井正忠さん(52)は「選手時代から住金でお世話になったので寂しい感じ。
(メルカリが)どう経営に関わるかは分からないが、見守るしかない。
鹿島はどんどん大きくなり、今や日本だけのクラブではない。仕方がないこと」と冷静に受け止めた。

サポータークラブ・インファイト代表で鹿嶋市議の河津亨さん(50)は「まずは心配だし、寂しい」と絞り出した。
「(自分たちにとって)アントラーズの歴史は、Jリーグが始まったときではなくて、住金鹿島にジーコが来てくれたときに始まった」と説明し、
「鹿嶋は住金の町で、当初(チームを)支えていたのは住金の社員だった。
地元企業が支え、地元の人が見にいっていたこれまでのアントラーズが変わってしまうかもしれない」と不安を口にした。

鹿嶋市商工会青年部アントラーズ応援委員会の山町浩信委員長(37)は「鹿島を応援している人はみんなショックだと思う」と切り出し、
「クラブをより良くする決定だと信じるしかない。鹿島は、この鹿行地域から世界と戦ってきた。
そこに誇りを持っているので、その伝統は守っていってほしい」と願った。(石川孝明、藤崎徹、関口沙弥加)

■鈴木周也行方市長の話 立ち位置上昇に期待

メルカリのような新しい資本が入ってくるのは時代の流れ。
今後、アントラーズDMOなどでも海外との接点が増えていくと思われる。よりビッグクラブになるため、鹿島の立ち位置が上昇していくことに期待したい。

■原浩道潮来市長の話 頼もしいパートナー

このたび、頼もしいパートナーを迎えることで、これまで培ってきたクラブの伝統を礎とし、さらなる飛躍を期待したい。
潮来市としても、これまでと変わらず、鹿島アントラーズのホームタウンとして市を挙げてサポートしていく。

■岸田一夫鉾田市長の話 理念引き継ぎ発展を

メルカリさまにおいては、今回、筆頭株主になられることで、クラブ創成期から日本製鉄と培ってきた理念を引き継ぎ、
三位一体となり、鹿島アントラーズと鹿行地域のさらなる発展にお力添えをいただけるようお願い申し上げる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00000006-ibaraki-socc
7/31(水) 7:30配信

https://c2.staticflickr.com/6/5636/22522185848_2614f98196_o.jpg
22522185848_2614f98196_o


https://www.jiji.com/news/handmade/topic/d4_aaa/kav624-jpp12216880.jpg
no title

https://www.jiji.com/news/handmade/topic/d4_aaa/kav624-jpp12211511.jpg
no title

https://base-ec2if.akamaized.net/w=500,a=0,q=90,u=1/images/item/origin/1508aa67f0b6ee8959b85fa3edbb7c78.jpg
no title

http://calciomatome.up.n.seesaa.net/calciomatome/image/E383ACE382AAE3838AE383ABE38389E9B9BFE5B3B6.jpgno title

https://pbs.twimg.com/media/CEIKlstVEAAIaqx.jpg
no title

https://number.ismcdn.jp/mwimgs/e/d/350/img_eda3db5253baceb37d19f24a7ea9c7b3208009.jpg
no title

http://yutaka-akita.com/lb/images/pic/profile/1.jpg
no title

続きを読む

【久保建英はメンバー入り】レアルFWベイル、アウディ杯メンバー外で現地紙指摘「将来はより不確かなものに」

1: 気になった名無しさん 2019/07/30(火) 09:26:54.55 ID:y6W62klm9
7/30(火) 9:20配信
Football ZONE web

18歳久保が遠征メンバー入りした一方で、退団が濃厚視されているベイルは帯同せず

レアルFWベイル、アウディ杯メンバー外で現地紙指摘 「将来はより不確かなものに」

 レアル・マドリードは現地時間29日、プレシーズン恒例の「アウディカップ」に参加するメンバー24人を発表。今夏新加入の日本代表MF久保建英がリストに名を連ねた。一方で、去就問題に揺れるウェールズ代表FWギャレス・ベイルはメンバー外となり、スペイン紙「マルカ」は「将来はより不確かなものに」と報じている。

 ベイルはジネディーヌ・ジダン監督の構想外と伝えられており、今夏の移籍に関する報道が過熱。インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)ではピッチに立ち、得点も決めていたが、シーズンをレアルで迎えるかどうかは不透明な状況だ。

 浮上した中国1部・江蘇蘇寧への移籍に関しても交渉はストップし、白紙となった。さらに、バイエルン・ミュンヘンが主催で、トットナム、フェネルバフチェとともにレアルも参加する2日間のプレシーズントーナメントのアウディカップが現地時間30日から行われるが、ベイルはその出場メンバーから外れた。

「マルカ」紙は「ベイルはアウディカップに臨むレアル・マドリードのスカッドに含まれない」と報じ、さらに「(ベイルの)将来はよりいっそう不確かなものになった」と指摘した。

 ベイル不在が確定したなか、フベニールA(U-19)登録で、今季はレアルB(カスティージャ/3部)が主戦場になる久保は、引き続きジダン監督率いるトップチームに帯同することになった。

ベイルの他に、ベルギー代表GKクルトワもメンバー外

 久保はICCでは2試合に途中出場し、軽快な動きを見せて能力の高さを発揮。26日のアトレチコ・マドリード戦(3-7)では劣勢のなかで、強烈なミドルシュートから得点を呼び込んだ。宿敵相手に大敗を喫するなどチームは決して良い状態ではないが、スペインメディアでは18歳のブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスと並ぶポジティブな新戦力とも評価された。引き続き、指揮官へアピールできるか注目だ。

 ベイルの他に、退団が濃厚視されているコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス、足首の負傷でベルギー代表GKティボー・クルトワもメンバー外となっている。

 レアルが発表したアウディカップ参加メンバーは以下の通り。

GK
ケイラー・ナバス
アンドリー・ルニン
ディエゴ・アルトゥーベ

DF
ダニ・カルバハル
セルヒオ・ラモス
ラファエル・ヴァラン
ナチョ
アルバロ・オドリオソラ
ハビ・エルナンデス
アドリアン・デ・ラ・フエンテ
ミゲル・グティエレス

MF
トニ・クロース
ルカ・モドリッチ
イスコ
フェデ・バルベルデ
ハイメ・セオアネ

FW
マリアーノ・ディアス
カリム・ベンゼマ
ルーカス・バスケス
ヴィニシウス・ジュニオール
エデン・アザール
ロドリゴ・ゴエス
久保建英

Football ZONE web編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190730-00207056-soccermzw-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190730-00207056-soccermzw-000-2-view.jpg
no title

続きを読む


SPONSORED LINK


スポンサードリンク

プロフィール

kini7run

記事検索
スポンサードリンク
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク