気になったまとめ

ゲーム記事を中心に、芸能や映画など、気になった話題をまとめています。

特撮

ストリートファイター6がスマブラSPを超えるためにすべきこと

ストリートファイター5

1: 気になった名無しさん 2019/11/21(木) 09:39:07.87 ID:ApQ4bMvNM
なんや?

続きを読む

結局今の仮面ライダーはゼロワンビルドエグゼイドみたいな平成一期リスペクトの暗くて人が死にまくり路線か電王路線どっちが良いの?

仮面ライダーエグゼイドmain

1: 気になった名無しさん 2019/09/26(木) 13:05:20.242 ID:Ue+tQXjw0
シリアスで売れるなら平成一期リスペクト路線やってほしい

続きを読む

『仮面ライダーゼロワン』第6話はアニメ声優のお仕事をフィーチャー!美山加恋さん&伊瀬茉莉也さんが出演決定! 2019/09/29

1: 気になった名無しさん 2019/09/29(日) 17:20:46.79 ID:CAP_USER
公開日:2019年9月29日 09:30

電撃ホビー編集部

2019年10月6日(日)に放送される『仮面ライダーゼロワン』、その第6話に人気声優である美山加恋さん&伊瀬茉莉也さんが顔出し出演決定! アニメ制作現場で活躍するという、声優ヒューマギアにフォーカスした内容となることが明らかにされました!

これまでお笑い芸人型、警備員型、寿司職人型など、さまざまなヒューマギアとのドラマを描いてきた『仮面ライダーゼロワン』。第6話「アナタの声が聞きたい」の中心となるのは、声優としてアニメ制作現場で活躍するヒューマギア・香菜澤セイネです。このたびセイネ役に決定した美山さんは2002年に舞台で子役としてデビューし、2017年に放送された『キラキラ☆プリキュアアラモード』の主人公・宇佐美いちか/キュアホイップ役でアニメ初主演を飾りました。



美山加恋さんコメント

プリキュアシリーズに出演していた時は、「仮面ライダー」とは近い場所で1年間過ごさせていただきました。その頃にはアフレコでスタジオ向かう際にライダーチームの撮影を見かけたり、夏休みのショーでもお隣になったりと、何かと出会う機会があり、いつか関われたらすごいなぁと思っていました! 実現できてとても嬉しかったです!

伊瀬茉莉也さんはプリキュアシリーズの大先輩! 今回お話の中で一緒にアフレコをさせていただきましたが、実際はまだご一緒したことはなく、今回は素敵な体験だったと思っています! とても優しくかっこいい素敵な方でした!

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

https://hobby.dengeki.com/news/855619/

仮面ライダーゼロワンIMG_0852

仮面ライダーゼロワン85A_2663r_

仮面ライダーゼロワン85A_9683

仮面ライダーゼロワンZ06_9619



続きを読む

【悲報】仮面ライダーゼロワン、令和最低作品へ

仮面ライダーゼロワン

1: 気になった名無しさん 2019/09/17(火) 03:01:44.63 ID:UgWC0CW70
これより酷い作品令和にある?

続きを読む

『シン・ウルトラマン』にヘイセイ有岡出演「胸が熱くなります」 早見あかり、田中哲司、山本耕史も参加

1: 気になった名無しさん 2019/09/25(水) 05:06:39.37 ID:bl+bXKqc9
9/25(水) 5:00 オリコン
『シン・ウルトラマン』にヘイセイ有岡出演「胸が熱くなります」 早見あかり、田中哲司、山本耕史も参加
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-00000311-oric-ent

『シン・ウルトラマン』の追加キャストが解禁(C)円谷プロ
no title



 1966年に誕生した特撮テレビドラマ『ウルトラマン』を現代社会に登場させる映画『シン・ウルトラマン』(2021年公開)の追加キャストが25日、発表された。人気グループ・Hey! Say! JUMPの有岡大貴(28)、早見あかり(24)、田中哲司(53)が、すでに発表されている斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊と共にさまざまな脅威に立ち向かう。

 企画・脚本を庵野秀明氏、監督を樋口真嗣氏が務め、『シン・ゴジラ』(2016)を大ヒットに導いた盟友タッグが再び手を組んだ。『シン・ゴジラ』が初代『ゴジラ』(1954年)の現代社会での再構築であったように、本作も当時初めてテレビで“ウルトラマン”を目撃した時と同様の衝撃をもたらすことを目指す。

 斎藤、長澤らと同じメンバーの一員として、Hey! Say! JUMPの一員で興行収入93億円を記録した映画『劇場版コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―』での熱演が記憶に新しい有岡、ドラマ『ラーメン大好き小泉さん』や映画『百瀬、こっちを向いて』など多くの出演作で独特の存在感を放つ早見、舞台・テレビドラマ・映画とあらゆるジャンルで活躍する日本を代表する実力派俳優の田中の出演が決定。有岡は、斎藤、長澤、西島とは初共演、庵野秀明・樋口真嗣作品へも初出演となります。

 そのほか、物語のカギを握る役どころで、山本耕史、岩松了、長塚圭史、嶋田久作、益岡徹、山崎一、和田聰宏といった演技派・個性派キャストが出演が決まった。

 また、12月14日・15日の2日間にわたって、東京ドームシティで行われる円谷プロ史上最大の祭典『TSUBURAYA CONVENTION 2019』のオープニングセレモニーに『シン・ウルトラマン』の樋口真嗣監督と主演の斎藤工の登壇が決定。会場での新たなる情報の解禁も予定されている。

■追加キャストコメント

【有岡大貴】
 物心のついた時から当たり前のようにウルトラマンをVHSで見て、当たり前のようにウルトラマンの人形で遊んでいました。世代を超えて、そんな子供が日本中に居たことと思います。そんなウルトラマンが、庵野さんと樋口監督の手により令和の時代に、さらにパワーアップして僕たちの前に現れてくれること。最高のエンターテイメント作品の誕生に胸が熱くなります。
 ご出演者の皆様に比べ、僕はお芝居の経験が少ないです。足を引っ張ってしまわないか、オファーを頂いた時は正直うれしさよりも不安の方が上回ってしまいました。でも『シン・ウルトラマン』という作品に恥じぬよう誠意を込めて務めさせていただきます。

【早見あかり】
 まさかあのウルトラマンの世界に自分が飛び込むことが出来るなんてまだ夢のようです。私自身が『シン・ゴジラ』を観た時に感じたあの興奮をまた皆様にも『シン・ウルトラマン』でお届け出来ると思うと楽しみです。正直、緊張や不安もありますが、庵野さん、樋口監督、出演者の方々と共に『シン・ウルトラマン』の世界を精一杯生き抜きます。

【田中哲司】
 地元の鈴鹿山脈の山間から、いつか怪獣が顔を出すのではないかと、子供のころ、よく空想してました。『ウルトラマン』は僕たち世代にとって、特別な作品です。そんな僕が、恐らく最強のチーム『シン・ウルトラマン』に参加出来る事は最高の喜びです。
 最善を尽くします。

(おわり)

続きを読む


SPONSORED LINK


スポンサードリンク

プロフィール

kini7run

記事検索
スポンサードリンク
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク