気になったまとめ

ゲームの雑談記事を中心に、芸能や映画など、気になった話題をまとめています。

ドラマ

特撮に影響受けたゲームってある?

220921_211224

1: 気になった名無しさん 2022/09/11(日) 15:50:54.88 ID:1g+408OZ0
アニメの影響受けているゲームはあるけど特撮はあるのだろうか?

ついでなんだが特撮で主人公の家に居候する敵がいる特撮作品ってある?思い出せない

続きを読む

GANTZ作者「仮面ライダーギーツのプロデューサーさん、GANTZの著作権切れてると思ってるのかな笑」

220919_183259

1: 気になった名無しさん 2022/09/19(月) 14:10:44.60 ID:d3DQfhVz0
no title

続きを読む

【朗報】仮面ライダーBLACKSUNさん、アマゾンプライムで18禁成人向けとして配信へ🔞

220830_093145

220830_093219

1: 気になった名無しさん 2022/08/30(火) 05:52:47.00 ID:tq75ya7kd
西島秀俊×中村倫也「仮面ライダーBLACK SUN」10.28配信決定 レーティングは成人向け

2022年8月29日 16時00分

 西島秀俊と中村倫也の共演で、人気特撮「仮面ライダーBLACK」(1987~1988)をリブートする「仮面ライダーBLACK SUN」が、10月28日(0:00~)から Prime Video (プライムビデオ)で配信されることが決定した。 Prime Video が設定するレーティングは18+(成人向け)になるという。発表に合わせて、YouTube チャンネル「東映特撮 YouTube Official」で第2弾特報映像が公開された。

 「仮面ライダーBLACK」は、暗黒結社ゴルゴムを率いる創世王の次期候補として改造された青年・南光太郎と、光太郎の親友・秋月信彦の孤独な戦いを描いたテレビシリーズ。リブート版では『孤狼の血』などの白石和彌が監督を務め、西島が仮面ライダーBLACK SUN(ブラックサン)に変身する光太郎を、中村が仮面ライダーSHADOWMOON(シャドームーン)に変身する信彦を演じる。

 これまで、秋とだけ告知されていた配信時期が、10月28日(金)0:00(27日 24:00)に正式決定。日本だけでなく、200以上の国・地域にて一挙世界独占配信される(※日本以外の国・地域では現地時刻の10月28日9:00配信)。

 YouTubeで公開された新たな特報映像では、中村演じる信彦の力強く迫力ある演説シーンを皮切りに、怪人に対する差別が蔓延する世界で、様々な怪人たちの力強く切ない生き様が映し出される。それぞれに悲しみを背負った怪人役として、三浦貴大(ビルゲニア役)、音尾琢真(コウモリ怪人役)、濱田岳(クジラ怪人役)、プリティ太田(バラオム役)、吉田羊(ビシュム役)、中村梅雀(ダロム役)が出演する。

 スタッフには白石組おなじみの面々などが集合。脚本を高橋泉、ビジュアルコンセプトを樋口真嗣、特撮監督を田口清隆、音楽プロデューサーを松隈ケンタ、美術監督を今村力、造型を藤原カクセイ、スタイリストを伊賀大介が務める。(編集部・入倉功一)

「仮面ライダーBLACK SUN」配信日:2022年10月28日(金)0:00

no title


https://www.cinematoday.jp/news/N0132027

続きを読む

【悲報】2022年の仮面ライダーさん、よくわからないことになる

220809_085102

1: 気になった名無しさん 2022/08/09(火) 06:29:37.77 ID:lD0ZcpAhM
よくわからない

no title

続きを読む

【速報】仮面ライダーギーツ発表

220722_183116

220722_183121



1: 気になった名無しさん 2022/07/22(金) 09:42:19.11 ID:n/2TGWdr0
特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの令和4作目となる「仮面ライダーギーツ」(テレビ朝日系、毎週日曜あさ9時~9時30分)の放送スタートが9月4日に決定したことが明らかになった。あわせて主人公が変身する仮面ライダーのモチーフやビジュアルも公開となった。

 「仮面ライダーギーツ」は、現在放送中の「仮面ライダーリバイス」に続く令和ライダー第4作。本作では、オンラインゲームなどでも馴染み深い「生き残りゲーム」に身を投じる、新たな仮面ライダーの姿が描かれることになる。

 出自も目的も不明な謎の敵「ジャマト」の脅威から、街の平和を守るためのゲーム=「デザイアグランプリ」。ゲームの参加者たちは各々が仮面ライダーに変身し、敵を倒したり、人々を救ったりすることで得られるスコアを競い合いながら、勝ち残ることを目指している。デザイアグランプリの勝者には、褒賞として「理想の世界をかなえる権利」が与えられ、勝ち抜いた真のヒーローだけが、自らの願った世界を実現することができる。
https://www.cinematoday.jp/news/N0131395
no title

続きを読む


SPONSORED LINK


スポンサードリンク

プロフィール

kini7run

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク