気になったまとめ

ゲームの雑談記事を中心に、芸能や映画など、気になった話題をまとめています。

ゲーム売上

モンスターハンターストーリーズ2 、200万本突破!

240619_171846

1: 名無しさん@名無しさん 2024/06/19(水) 16:00:09.89 ID:wMnfzv050
株式会社カプコン(以下、カプコン)は本日、『モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』の累計販売本数が200万本を突破したことを発表しました。

https://www.capcom.co.jp/ir/english/news/html/e240619.html

続きを読む

【TSUTAYA】1位真・女神転生 2位真・女神転生 3位ペーパーマリオ

230724_192122

1: 名無しさん@名無しさん 2024/06/17(月) 10:23:39.24 ID:RAd1JSRQ0
no title

続きを読む

【悲報】東洋証券・安田氏、コエテク「Fateサムライ」の販売目標が200万本だったと暴露www

240616_073748

1: 名無しさん@名無しさん 2024/06/15(土) 19:22:43.14 ID:BJI/E2lP0
●コーエーテクモHDから見るゲームビジネスの問題

 コーエーテクモホールディングス(コーエーテクモHD) <3635>の2024年3月期決算は増収、営業減益となった。ゲームビジネスは前期から
ヒット作に恵まれておらず、23年3月期に発売した「ワイルドハーツ」、「ウォーロン フォールン ダイナスティ」、24年3月期に発売した「フェイト・サムライレムナント」、開発担当した「ライズオブローニン」すべて
が計画未達だった。特に「フェイト」は200万本級タイトル(ライフサイクル全体なので24年3月期の計画は不明)と説明を受けていたので、
大幅未達だったと推測している。

 同社は開発費を資産計上していないので、業績への影響は販売本数未達による利益減にとどまるのだが、2期連続での未達は大きな
失望を生む結果になってしまった。株価はこれを受けて大幅に下落したのだ。

 同社のタイトルは、遊んだ人の評価は非常に高いのだが、そもそも買ってもらえていない。特に500万本級タイトルとして開発された
「ライズオブローニン」は計画を大幅に下回った。PS5(プレイステーション5)ユーザーにもヒアリングしたのだが、何のゲームか
情報が無さ過ぎて手を出しづらいとの意見が多かった。

続きを読む

【朗報】3週連続で『ペーパーマリオRPG』が首位獲得!

240425_172916



1: 名無しさん@名無しさん 2024/06/13(木) 22:01:32.07 ID:nZM2Envi0

続きを読む

『エルデンリング』の世界累計出荷本数が「2500万本」を突破

240613_071107



1: 名無しさん@名無しさん 2024/06/12(水) 23:03:47.57 ID:kwTABCoR0

続きを読む


SPONSORED LINK


スポンサードリンク

プロフィール

kini7run

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク