気になったまとめ

ゲームの雑談記事を中心に、芸能や映画など、気になった話題をまとめています。

芸能(ドラマ)

昨日の浜辺美波が可愛いだけのドラマ見た?

E

1: 気になった名無しさん 2022/01/18(火) 18:27:24.17 0
浜辺美波が可愛いだけだった

続きを読む

広瀬すずは“被害者”?2021年「ガッカリ低視聴率ドラマ」3選!

ドラマ『ネメシス』

1: 気になった名無しさん 2021/12/29(水) 13:45:11.74 ID:CAP_USER9
2021.12.29 11:05
まいじつ 

俳優の吉高由里子が主演を務めたドラマ『最愛』(TBS系)が、8話から最終話に掛けて世帯平均視聴率を3.0%もジャンプアップして、10.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)で有終の美を飾った。

しかし、このような成功パターンはそれほど多くはない。今回は、前評判と見合わなかった〝2021年の低視聴率ドラマ〟を紹介しよう。

まずは、俳優の深田恭子の休養によって急遽、比嘉愛未がヒロインの代役を務めると発表され、話題になった2021年7月期に放送のドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系)。比嘉演じる乙女ゲーム制作会社社長・泉美を巡り、俳優の渡邊圭祐とディーン・フジオカ演じる2人のイケメン男性が取り合うという、お仕事話アリの大人な恋を描いた作品だ。

初回から世帯平均視聴率6.0%と厳しいスタートを切り、その後第3〜7話に渡って4%台まで低迷。最終話は5.1%でフィニッシュした。

「渡邊が演じた〝顔は王子様のようにイケメンだけど常識が全くない〟残念男子役が、途中でただの有能社員になり、泉美と両想いながらも互いに別の恋人を作る…というイマイチ心が打たれない展開。泉美の言動に一貫性がなく、多くの視聴者が泉美にフラストレーションを募らせたでしょう」(芸能ライター)


『ネメシス』爆死は広瀬すず、櫻井翔、江口洋介に罪ナシ?

ドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)は、広瀬すず、櫻井翔、江口洋介という豪華キャストを擁した話題作。この3人が「探偵事務所」の探偵として活躍するという設定に、放送前は期待の声が多かったのだが…。

「第1話は驚異の11.4%を記録しましたが、その後第2話から約2%ダウンの9.5%、そのまま横ばい状態になり、最終話は8.6%という結果に。その原因について、さまざまな指摘がされていますが、とにかくメインの事件が浅いことが挙げられます。その上、キャラ設定からストーリー展開まで制作側が〝ウケるだろう〟と狙ったものがことごとく裏目に出てしまった印象です。初回の視聴率が良いことから、キャストに罪はないどころか、被害者とも言えるでしょう」(前出のライター)

また、現在放送中のドラマ『真犯人フラグ』(日本テレビ系)は、ネット考察ブームを巻き起こしたドラマ『あなたの番です』(同系)のスタッフが再集合して制作されている上、「あな番」同様2クール放送されるということで話題に。しかし、初回視聴率8.4%とパッとせず、第1部の最終回は6.6%とこちらも厳しい結果となった。

「『あな番』のように、第2部で巻き返しが起こる可能性も十分ありえますが、第1部のあまりもの話の進まなさに脱落してしまった視聴者が多い印象です。また、同じクールに放送されていた『最愛』が物語ヨシ伏線ヨシな良作だったため、かつての〝あな番考察ネット民〟たちはそちらを楽しんでいたのかもしれません」(前出のライター)

前評判が高いということは、それだけ期待値が高いということ。期待を超える良作となるか、〝ガッカリドラマ〟となるかは2つに1つだ…。

https://myjitsu.jp/archives/325036

続きを読む

NHKの朝ドラで上白石萌音の娘役が深津絵里wwwwwwwww

カムカムエヴリバディ

1: 気になった名無しさん 2021/12/23(木) 15:27:08.873 ID:oSB1aYCz0
昨日見ててビール吹いたわwwwww

続きを読む

朝ドラ 上白石編の最終回17.1%ww

カムカムエヴリバディ

1: 気になった名無しさん 2021/12/23(木) 11:04:19.22 ID:18g4CMzM0
上白石萌音、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」17・1% るいが衝撃の言葉
https://news.yahoo.co.jp/articles/62605e80b0535bf46b7e58c0aad5b02409235be6

続きを読む

【ドラマ】フリーアナ・宇垣美里がドラマで女子アナ役「演技する必要ないのかも」

ug

1: 気になった名無しさん 2021/12/23(木) 05:33:25.50 ID:CAP_USER9
フリーアナ・宇垣美里がドラマで女子アナ役「演技する必要ないのかも」
12/23(木) 4:00 サンケイスポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/49788ddaaa8e42bab55daab042bbcc40b847f5ad
敏腕の女子アナ役で出演する宇垣。リアルな演技でドラマに花を添える
no title



元TBSのフリーアナウンサー、宇垣美里(30)が来年1月6日スタートのフジテレビ系「ゴシップ#彼女が知りたい本当の〇〇」(木曜後10・0)に出演することが22日、分かった。黒木華(31)扮する主人公が劇中で見るワイドショー番組のアナウンサー役で登場し、名物司会者役で出演が決まった俳優、大鶴義丹(53)とタッグを組む。2019年4月のフリー転身後、初の本職役に宇垣は「演技する必要もないのかも」と自然体で臨む。

◆ワイドショーが舞台 美人フリーアナが本職を生かし、演技派俳優とのコンビで注目ドラマを華やかに彩る。

宇垣はTBS時代の2016年、同局系「コック警部の晩餐会」に新人女子アナ役で出演したが、19年4月のフリー転身後は初だ。今年7月期のフジ系「彼女はキレイだった」で初めて連続ドラマにレギュラー出演し、本格女優デビュー。2作目の連ドラレギュラーで〝原点回帰〟する。

「ゴシップ―」は、ネットニュースの世界を舞台にそこで働く者たちの仕事や生き方、恋愛を通して人と人とのつながりを描く。

宇垣は主人公(黒木)らニュースサイトの編集部員たちが見ているワイドショー「ハヤミミ!」の女子アナ役。義丹扮する暴走しがちな名物司会者・竹富らが集うスタジオで、常に冷静に進行をサポートするなど番組に花を添える役どころ。主人公が番組を見ているときに取材ネタをひらめくなど、物語の中で重要なポジションを担う。

◆共演・大鶴義丹は名物司会者役 制作側は同局系「彼女は―」でファッション誌の編集部員役として存在感を放つ宇垣の多才な魅力に感嘆し、「本業の一面も見てみたい」とオファー。本職を生かしたリアリティーある演技に「アナウンサーとして安心感のあるお芝居で大きな説得力を与えてくださっている」と絶賛した。

11月下旬にクランクインし、撮影では失言の多い竹富をたしなめるなど名コンビぶりを発揮。宇垣は「あえて演技する必要もないのかもしれない」と語りつつ、「自分にとって慣れ親しんだ舞台ということもあって、とても落ち着いて臨めているのではないかな」と胸を張る。

一方の義丹は「若い時のみのもんたさんを少し意識しています」とニンマリ。「こんなワイドショーがあったら、毎日見たい!と思われるような芝居を心がけていきたい」と熱演を誓った。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

続きを読む


SPONSORED LINK


スポンサードリンク

プロフィール

kini7run

記事検索
スポンサードリンク
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク